「ためになるかどうかは知らないけど」

  • オレンジの皮でコップをきれいに–――― くすんでしまったガラスのコップや器は、オレンジの皮の内側の白い部分でこすってから洗うと、新品のようにピカピカになる。
  •  豚肉を調理するときにおいが気になったら、コーヒーの粉を小さじ半分ほど入れると、いやなにおいが消えて味も良くなる。
  • 丸いトレーの上に調味料入れた瓶などをまとめて置けば、隅の方にある調味料入れを取り出そうと棚の中の物全体を引っかき回さなくても、トレーを回すだけで取り出すことができる。
  • 古い陶磁器やステンレス、真ちゅうの器の頑固な汚れは、酢と水を1:1の割合で混ぜた液体の中に入れて加熱するときれいに落ちる。
  • 冬用のニット類に毛玉ができてしまったら、古歯ブラシを編み目の方向に軽くなでるようにこすると毛玉を取り除ける。
  • 電子レンジの内側にこびりついた汚れを落としたいときは、まずレンジ加熱できる器にお湯を入れてから2-3分温めると良い。水蒸気で汚れが落ちやすくなり、スポンジでこするだけでもきれいになる。
  • インスタントラーメンを作るとき、緑茶の粉やティーバッグを入れて煮ると、油分が抜けてあっさりした風味に仕上がる。緑茶のカテキン成分がコレステロールや脂肪を減らし、健康にもいい。
  • 食品のにおいが付いてしまったプラスチック製の密閉容器(タッパー)は、小麦粉を少し溶いた水を入れて1-2時間ほど置いておくとにおいが取れる。
  • レモン汁を絞るときは、皮をむかずに丸ごと電子レンジに入れて1分ほど加熱してからにすると、そのまま絞るよりもたくさん汁が出てくる。
  • トイレ・浴室の排水口からにおいがするときは、汚れを取り除いてから重曹スプーン1杯と酢を入れるとスッキリする。
  • 土鍋には目に見えないくらい細かい穴があるので、洗剤をつけて洗うとそのにおいが付いてしまう。小麦粉を溶いた水や米のとぎ汁で土鍋を洗うと、そうした細かい穴がふさがれてにおいも付かず、きれいに洗うことができる。
  • まな板を使うと包丁の跡が残るが、そこには細菌が繁殖するので、衛生的には1年で新しい物に取り換えた方がいい。
  • 調理が終わったばかりの熱いフライパンをすぐ水につけてスチールたわしでこすると、コーティングの寿命が縮んでしまう。フライパンは熱が取れてからスポンジで洗って乾かせばコーティングが長持ちする。
  • 気温が上がり、湿気が多くなるとカビが繁殖しやすくなる。カビを見つけたら、ふきんやキッチンタオルに漂白剤をつけてふき取ると、カビが広がるのを防ぐことができる。
  • 水1カップ、酢2分の1カップ、重曹小さじ2杯、レモン汁を混ぜると、天然の洗剤になる。酢の殺菌力と重曹の洗浄力が頑固な汚れを取り除いてくれる。
  • 電話機の受話器は耳が触れたり口が近づいたりする所なので、皮脂や化粧品などが付いて汚れやすい。そうした汚れには布に牛乳を少し付けてふくときれいに落ちる。
  • 白い靴下が黒ずんでしまったときは、レモンの皮を水に入れて靴下と一緒に煮洗いすると白くなる。
  • 血が付いてしまった服は、塩水にしばらく浸してから汚れた部分をもみ洗いするときれいになる。
  • 植木鉢の底や植木鉢の受け皿にコーヒーフィルターを敷くと、植木鉢に水をやっても土が流れ出ず、水だけが流れ出るようになる。
  • 扇風機を北側に置いて、南側に向けてつけると、空気の密度の差で風がより涼しくなる。日当たりがいい南側に比べ、ひんやりとした北側の風を利用するからだ。
  • 生乾きのタオルは電子レンジに入れて3-5分ほど加熱すると殺菌でき、においも消える。
  • 新しいガラス食器は鍋に入れ、5分ほど沸騰させると、熱い食べ物を入れても割れにくくなる。
  • 豆腐を料理に使って残ってしまったら、水に塩を少し入れて保存すると、においや味が変わることなく長持ちする。電子レンジで加熱したり、沸騰した湯にくぐらせてから保存するのもよい。
  • 密閉容器の底に砂糖を薄く広げ、キッチンタオルで覆ってから皮をむいたニンニクを入れておくと、新鮮さを保つことができる。
  • まずヘアドライヤーでシールを熱してから、プラスチックのカードでゆっくりとはがすときれいにはがれる。
  • 電池のサイズが小さくて使えないときは、アルミホイルをかぶせて大きさを合わせると使えるようになる。
  • 排水管が詰まってしまったら、重曹と酢を2分の1カップずつ混ぜたものを流し込み、数分後にお湯で流すとよい。
  • タマネギを保存する袋に食パンを一切れ入れておくと、芽が出るのを防ぐことができる。ジャガイモが芽を出さないようにするにはリンゴを一つ入れるといい。
  • 運動靴からにおいがするときは、運動靴をファスナー付きビニール袋に入れて密封した後、冷凍庫に24時間入れておくと、洗わなくてもにおわなくなる。
  • ゆで豚を作るときにコーヒーの粉をひとつまみ入れると、豚肉の臭みを消すことができる。
  • ナスを食べるときに取った「へた」はよく干してせんじた後、竹塩を少し入れてさましておこう。歯磨きのときにこれで口をすすぐと、歯茎から血が出なくなったり、歯茎の痛みがなくなったりする。
  • 生卵が割れてしまったときは、小麦粉をかけてからふき取ると、ベタベタしたりヌルヌルしたりせずきれいになる。
  • 蚊に刺された所にバナナの皮の内側を当ててこすると、皮の糖分の鎮静効果でかゆみが和らぐ。
  • さびて抜けなくなってしまった古いネジは、頭の部分を炭酸水でぬらした布でふくと抜けやすくなる。
  • 飲み物が入っているガラス瓶のふたがうまく開かないときは、瓶を逆さまに持って、手で底を2-3回たたくと、ふたに圧力がかかって開きやすくなる。
  • 炭酸飲料水が入っている缶が揺さぶられ、開けると泡が吹き出しそうなときは、横にして2-3回転がしてから開けるとよい。
  • コメ3カップに酒をを大さじ1杯入れると水分や粘りが出て、古いコメでもおいしいご飯が炊ける。
  • 揚げ物をした後の油にはタマネギを入れておくとにおいが消え、ほかの料理をするときにも使えるようになる。
  • 鍋の底の焦げ付きが落ちないときは、酢と粗塩を入れて沸騰させると簡単に落ちる。
  • キムチを入れていたタッパーに緑茶の出がらしを入れてふたを閉じた後、2-3日そのままにしておくと、においが取れる。
  • 蒸したり炒めたりしたものを冷蔵庫にしまうときは、完全に冷めてからではなく、温かみが残っているときに入れると味をキープできる。
  • 着にカビが生えてしまったら、洗剤を溶かした水と一緒にビニール袋に入れてから密封し、電子レンジで5分間温めるとすっきり消える。
  • 揚げ物をサクサクに仕上げるには、揚げる直前に衣を作り、衣の粉に卵を混ぜる場合は卵黄だけを使うと良い。
  • ろうそくに火を付けた後、芯のところに精製塩を少し振りかけておくと、解けたろうが流れ落ちることなく最後までろうそくを使い切ることができる。
  • 錦糸卵を作るときは、酢を少し入れてよく溶いてから焼くと、薄くしても破れにくくなる。
  • カレーが塩辛くなってしまったときは、リンゴジュースやトマトケチャップを入れると塩味が和らいで味が良くなる。
  • 餅を切るときは、大根を切ってその汁が付いた包丁を使うと、もち同士がくっつかずきれいに切れる。
  • アイロンがけの際、化学繊維が溶けてくっついてしまったときは、新聞紙の上に塩をまいてアイロンをこすり付けると、簡単にはがすことができる。
  • ステンレス製のスプーンや箸を消毒する時は、少量の酢を入れた湯に入れて煮沸すれば良い。
  • カーペットに嘔吐(おうと)物が付いてしまったときは、重曹を少量の水で溶いて練ったものを上にかけ、一晩置いてから翌日、掃除機で吸い込むときれいに取れる。
  • 刃の取り外しが難しいミキサーやコーヒーミルは、重曹を大さじ1杯ほど入れてから回すときれいになる。その後は粉をきれいに払えば良い
  • ベッドのマットレスが古くなってにおいがするときは、霧吹きにウオツカを入れて全体的に吹きかけてから自然乾燥させると、においの元をアルコールが殺菌して気持ちよく使うことができるようになる。
  • 煮え立った湯に薄く切った大根を入れてしばらくしてからイカやタコをサッとゆでると、色鮮やかにゆで上がり、味も良くなる。
  • 靴や手袋がぬれたときは、細かく切った新聞紙や生米を入れておくと、すぐに中が乾く。
  • 食器洗い用スポンジを殺菌するには流水でよく洗い流し、水を含んだままの食器洗い用スポンジを電子レンジに2分間ほどかけると細菌がほとんどなくなってきれいに使える。
  • スポンジがないときは玉ねぎネット食器洗いをするとき、玉ねぎが入っていたネットに洗剤をつけてもむと、細かい泡がたくさん出て、スポンジの代わりに使うことができる。
  • 服に食べ物が落ちて油の跡が残ったときは、油汚れをチョークでこすり1-2分待ってから、ぬれたタオルでふくときれいになる。
  • シンクに水あかが付いたときは、粗塩を振りかけてから半分に切ったレモンでこするときれいになる。
  • 取り外して洗濯できない布張りのソファーが汚れてしまったら、薄めた洗剤を布切れに浸し、たたくようにふくと汚れが落ちる。
  • インスタントラーメンを作った後、丼に入れる前に酒を3、4滴落とすと風味がよくなり、一味違った味が楽しめる。
  • ミカンの皮をゆでて冷ました水で家具やテーブルをふくとつやが出る。
  • カレーやスープなどがしょっぱくなりすぎたときは、ジャガイモを大きめに切って入れると、ジャガイモに火が通ることで塩味が薄まり、味がちょうど良くなる。
  • 床に油をこぼしてしまったときは、小麦粉をまいてからふき取ると良い。小麦粉が油を吸収するので、ベタつくことなくきれいにふき取れる。
  • むいた大根の皮は捨てないで。油が付いた器を大根の皮でふくと、器がきれいになる。
  • アルミ鍋が焦げ付いてしまったときは、リンゴの皮と水を入れて沸かした後、皮で焦げた部分をこするときれいになる。
  • 洗濯物を部屋干しするときは、下に新聞紙を敷くと、湿気を吸って早く乾く。
  • 切って食べるタイプのハムが残ってしまったら、切った断面を酒でふき、ラップで包むと、酒のアルコール成分が菌の繁殖を抑えるので色が変わりにくく日持ちする。
  • 煮え立った湯に薄く切った大根を入れてしばらくしてからイカやタコをサッとゆでると、色鮮やかにゆで上がり、味も良くなる。
  • 靴や手袋がぬれたときは、細かく切った新聞紙や生米を入れておくと、すぐに中が乾く。
  • 食器洗い用スポンジを殺菌するには流水でよく洗い流し、水を含んだままの食器洗い用スポンジを電子レンジに2分間ほどかけると細菌がほとんどなくなってきれいに使える。
  • スポンジがないときは玉ねぎネットで — 食器洗いをするとき、玉ねぎが入っていたネットに洗剤をつけてもむと、細かい泡がたくさん出て、スポンジの代わりに使うことができる。
  • 服に食べ物が落ちて油の跡が残ったときは、油汚れをチョークでこすり1-2分待ってから、ぬれたタオルでふくときれいになる。
  • シンクに水あかが付いたときは、粗塩を振りかけてから半分に切ったレモンでこするときれいになる。
  • 取り外して洗濯できない布張りのソファーが汚れてしまったら、薄めた洗剤を布切れに浸し、たたくようにふくと汚れが落ちる。
  • インスタントラーメンを作った後、丼に入れる前に酒を3、4滴落とすと風味がよくなり、一味違った味が楽しめる。
  • 水を一度沸騰させてから冷凍庫に入れて凍らせると、気泡が入らない透明な氷を作ることができる。
  • シャツに口紅が付いてしまった時は、バターを少し塗って手でなじませてからタオルにアルコールを含ませ、たたくようにふき取るときれいに取れる。
  • コートやスーツの襟が汚れてしまったら、食パンでこするときれいになる。それでも汚れが残ってしまうなら、酢水でもみ洗いすると良い。
  • 革靴が雨や雪でぬれてしまったら、水気を柔らかい布でたたくようにふき取ってから、風通しの良い所で陰干しすると良い。
  • ダウンジャケットや中綿入りジャンパーが汚れたら、汚れた部分に液体洗剤と水を1:1で混ぜたものを霧吹きでかけ、5分ほど置いてから40度未満のぬるま湯に浸して手洗いした後、すすぎ・脱水するときれいになる。
  • セーターが縮んでしまったら、リンスを入れたぬるま湯に5分ほど浸してから水を切った後、手で優しく伸ばすと元のサイズに戻る。
  • 砂糖や小麦粉などを保管するとき、マシュマロを一緒に入れておくと、サラサラの状態が長く続く。
  • ダウンジャケットを洗ったら前よりふっくらした感じがなくなってしまったというときは、長い棒で全体を軽くたたくと、新品同様にボリュームが戻ってくる。
  • 革靴をバナナの皮の内側で軽くこするとツヤが長持ちする。
  • 洗面器いっぱい入れた水に小さじ1杯分の重曹を入れて溶かし、シャンプーの代わりに髪を洗うと抜け毛予防になる。
  • 床に油をこぼしてしまったときは、小麦粉をまいてからふき取ると良い。小麦粉が油を吸収するので、ベタつくことなくきれいにふき取れる。
  • むいた大根の皮は捨てないで。油が付いた器を大根の皮でふくと、器がきれいになる。
  • アルミ鍋が焦げ付いてしまったときは、リンゴの皮と水を入れて沸かした後、皮で焦げた部分をこするときれいになる。
  • 洗濯物を部屋干しするときは、下に新聞紙を敷くと、湿気を吸って早く乾く。
  • 水を一度沸騰させてから冷凍庫に入れて凍らせると、気泡が入らない透明な氷を作ることができる。
  • シャツに口紅が付いてしまった時は、バターを少し塗って手でなじませてからタオルにアルコールを含ませ、たたくようにふき取るときれいに取れる。
  • コートやスーツの襟が汚れてしまったら、食パンでこするときれいになる。それでも汚れが残ってしまうなら、酢水でもみ洗いすると良い。
  • 革靴が雨や雪でぬれてしまったら、水気を柔らかい布でたたくようにふき取ってから、風通しの良い所で陰干しすると良い。
  • ダウンジャケットや中綿入りジャンパーが汚れたら、汚れた部分に液体洗剤と水を1:1で混ぜたものを霧吹きでかけ、5分ほど置いてから40度未満のぬるま湯に浸して手洗いした後、すすぎ・脱水するときれいになる。
  • セーターが縮んでしまったら、リンスを入れたぬるま湯に5分ほど浸してから水を切った後、手で優しく伸ばすと元のサイズに戻る。
  • 砂糖や小麦粉などを保管するとき、マシュマロを一緒に入れておくと、サラサラの状態が長く続く。
  • ダウンジャケットを洗ったら前よりふっくらした感じがなくなってしまったというときは、長い棒で全体を軽くたたくと、新品同様にボリュームが戻ってくる。
  • 革靴をバナナの皮の内側で軽くこするとツヤが長持ちする。
  • 洗面器いっぱい入れた水に小さじ1杯分の重曹を入れて溶かし、シャンプーの代わりに髪を洗うと抜け毛予防になる。
  • 中綿入りの枕がぺしゃんこになってしまったら、30分ほど日光に当てると、湿気が蒸発してまたふっくらする。
  • 電子レンジで食品を温めるときは、食品の中央部分に空間を作っておくと、熱の伝わり方が速くなって奥まで温まりやすくなる。
  • 酢とは違い、レモン汁は熱を加えても酸味がなくならないので、加熱する料理はレモン汁で酸味を出すといい。
  • はしを器の上に置いてティッシュを掛け、その端に付く高さまでぬるま湯を入れると、ぬるま湯がティッシュを伝って蒸発し、加湿器の代わりになる。
  • 唇が荒れてただれてしまうのはビタミンB不足の可能性がある。こういうときは牛乳・卵・野菜などを多く摂取するとよい。
  • 洗濯をするとき柔軟剤がなかったら、リンスを代わりに入れるとよい。適量の目安は、シャンプー後に使うのと同じくらいの量だ。
  • しおれた草花には、1.5リットル入りのペットボトルに水とみじん切りしたニンニクをスプーン2-3杯混ぜて与えるとよみがえる。
  • 家の中にアリが出たときは、アリが通る道に塩をまいておくと、そのにおいでアリが少なくなる。
  • シンクを磨くとき、大根の切れ端に洗剤をつけてこすると、傷も付かずきれいになる。
  • タマネギを切っているときに涙が出て我慢できなければ、冷蔵庫のドアを開け、顔に冷気を当てるとよい。
  • 魚に塩を振る代わりに、塩水に10分間ほどつけてから焼くと、身の中まで味がしみてさらにおいしくなる。
  • ご飯が冷めて残ってしまったら、電気炊飯器に入れて保温するのではなく、電子レンジで温めてから保温した方が味が良くなる。
  • 貝のスープを作るときは、貝が開いたら一度取り出して、味をつけた後にまた戻すと、身の柔らかさが保てておいしくなる。
  • お風呂場のタイルの目地にカビが生えてしまったら、ジャガイモを厚めに切ってカビをこするときれいになる。
  • プラスチックや布でできた造花にほこりが付いてしまったら、塩を入れたビニール袋に入れて振るときれいになる。
  • コーヒー豆が古くなって香りが弱くなってしまったときは、フライパンに入れて弱火で煎るとまた香りが良くなる。
  • 上の部分がカリっとしていたり硬かったりして切りにくいパンは、裏返してから切れば、つぶれることなくきれいに切れる。
  • 新しく買ったプラスチック用品やガラス用品の値札がはがれにくいときは、ヘアドライヤーの熱風を当てるときれいにはがれる。
  • アルミ鍋を焦がしてしまったときは、リンゴの皮と水を入れて10分間ほど沸騰させ、焦げ付いた部分を皮でこするときれいになる。
  • 服にアメが付いてしまったときは、アメが付いたところにぬれたタオルを載せてアイロンをかけたり、お湯で溶かしたりすると取れる。
  • 汁を絞った後のレモンの皮をシンクの排水口に入れておくと、生ゴミのにおいが少なくなる。
  • 古いゴム手袋の指の部分をハサミで切り落とし、ハンガーの両側にはめておくと、服が滑り落ちるのを防ぐことができる。
  • タコやイカをゆでるときは、沸騰したお湯に適量の大根を薄く切って入れ、火が通ってからタコやイカを入れると、色良くおいしくゆで上がる。
  • 白いズボンをはいて野原などを歩き、草の汁などが付いてしまったら、洗剤と水で洗った後、アルコールを付けた布で汚れた部分をたたくと落ちる。
  • ピーナッツは薄皮ごとビニール袋に入れてもんでから、ザルに載せて薄皮をより分けると、早く簡単にむくことができる。
  • レモン汁を絞るときは レモンを半分に切り分けた後、断面を上にして絞ると、種や果肉が抜け出ずに澄んだ果汁が絞れる。
  • 重い家具を動かすときは、角を少し持ち上げて下にタオルを挟んでから、それを引っ張って移動させると良い。
  • 冬の間に使用した電気カーペットは立てて保管すると折れて故障の原因になるので、横にして保管する。間に新聞紙を挟んでおくと湿気防止になる。
  • 卵は冷蔵庫に入れなくても、ボウルに塩を入れてその中に埋めておけば1カ月以上新鮮に保存できる。
  • 酢は悪くなりやすい調味料だが、保存するときに塩を少し入れておくと風味が損なわれず、長持ちする。
  • 汚れた網戸を掃除するときは、まずぬれた新聞紙を網戸に貼り付け、霧吹きに台所用洗剤を入れて新聞紙の上に吹きかける。30分ほど置いてから新聞紙をはがすと、ほこりがきれいに落ちる。
  • カーペットをきれいにするときは、中性洗剤を薄めた水を布に付けてかすめるようにふくと、カーペットのツヤが損なわれずにきれいになる。
  • 残ったカレーを温め直すときは、トマトジュースを少し入れると後味がサッパリする。
  • 浴槽の頑固な汚れは、キッチンペーパーなどに浴槽用洗剤を付けて汚れた部分に貼り、汚れが浮いてきたらスポンジなどでこすると良く落ちる。
  • 湿気に弱いウールコートは、クリーニング店から受け取ったときのビニールカバーではなく、不織布のカバーをかぶせておいた方が、次のシーズンまでいい状態で保管できる。
  • ひざやお尻の部分が出てしまったジーンズは、裏返してから出てしまった部分にアルコールを混ぜた水をかけ、アイロンをかけると形が整う。
  • ストッキングの袋を開ける前に冷凍庫に入れておくと、繊維が丈夫になり長い間はくことができる。
  • 卵の殻やカニ・貝などの殻をきれいに洗い、ガーゼに包んでキムチの間に入れておくと、カルシウムが乳酸を中和するのでキムチが酸っぱくなりにくくなる。
  • 服に泥がついてしまったら、ブラシで泥を落としてから汚れた部分を半分に切ったジャガイモの切り口でこすると、洗濯したときにきれいに落ちる。
  • 卵は冷蔵庫に入れなくても、ボウルに塩を入れてその中に埋めておけば1カ月以上新鮮に保存できる
  • 酢は悪くなりやすい調味料だが、保存するときに塩を少し入れておくと風味が損なわれず、長持ちする。
  • 汚れた網戸を掃除するときは、まずぬれた新聞紙を網戸に貼り付け、霧吹きに台所用洗剤を入れて新聞紙の上に吹きかける。30分ほど置いてから新聞紙をはがすと、ほこりがきれいに落ちる。
  • カーペットをきれいにするときは、中性洗剤を薄めた水を布に付けてかすめるようにふくと、カーペットのツヤが損なわれずにきれいになる。
  • 残ったカレーを温め直すときは、トマトジュースを少し入れると後味がサッパリする。
  • 浴槽の頑固な汚れは、キッチンペーパーなどに浴槽用洗剤を付けて汚れた部分に貼り、汚れが浮いてきたらスポンジなどでこすると良く落ちる。
  • 湿気に弱いウールコートは、クリーニング店から受け取ったときのビニールカバーではなく、不織布のカバーをかぶせておいた方が、次のシーズンまでいい状態で保管できる。
  • ひざやお尻の部分が出てしまったジーンズは、裏返してから出てしまった部分にアルコールを混ぜた水をかけ、アイロンをかけると形が整う。
  • ストッキングの袋を開ける前に冷凍庫に入れておくと、繊維が丈夫になり長い間はくことができる。
  • 卵の殻やカニ・貝などの殻をきれいに洗い、ガーゼに包んでキムチの間に入れておくと、カルシウムが乳酸を中和するのでキムチが酸っぱくなりにくくなる。
  • 服に泥がついてしまったら、ブラシで泥を落としてから汚れた部分を半分に切ったジャガイモの切り口でこすると、洗濯したときにきれいに落ちる。
  • 鍋や包丁を入れておくことの多いシンク下は湿気が多く、細菌が繁殖しやすい。除湿剤や炭を入れて湿気を取り除き、戸を頻繁に開けて換気すると良い。
  • 洗濯カゴに洗濯物を入れっぱなしにしておくと、汗や汚れで細菌が繁殖しやすくなる。カセイソーダ(水酸化ナトリウム)や洗剤を間にかけておくと、においも消えて清潔さが保てる。
  • 洗濯機の中に洗剤カスが残っていると細菌が発生しやすいので、1カ月に1回は漂白剤を約500ミリリットル入れて洗濯機を回すと良い。
  • お菓子などの食品の袋に入っている乾燥剤を集め、靴の中に入れておくと、カビの繁殖が防げる。
  • 釘を打つときはくしの歯の間に釘をはさんで壁に固定したまま金づちで打つと、間違って指を打ってしまうような事故が防げる。
  • 重ねた器が抜けなくなってしまったら、一番上の器に冷水を入れ、下の器をお湯に浸けておけば、抜けやすくなる。
  • 冷蔵庫の中をきれいにしたいときは、飲み残したビールをふきんにつけて拭くと良い。食べ物の汚れやいやなにおいがスッキリ取れる。
  • 布製ソファーやカーペットをきれいにするときは、桂皮(シナモン)を浸しておいた水を霧吹きに入れて吹きかけた後、タオルでたたくようにすると、ダニがいなくなる。
  • 掃除ブラシを長い間使って毛先が広がってしまったときは、毛をテープで巻いて固定した後、ドライヤーの熱を加えてそのまま数日間テープを貼っておくと、再び新品同様の形に戻る。アハハハ
  • シャツの襟が汚れてしまったときは、まずぬるま湯にしばらく浸けておき、多めの重曹とクエン酸をかけてから水を注ぐと汚れがスッキリと落ちる。
  • 卵の殻を細かく砕いてストッキングやネットに入れてためておき、ふきんを煮洗いするときに一緒に入れれば漂白効果が高まる。
  • 冷蔵庫のドアのゴムパッキンに付いたカビは、重曹や酢を入れた水を布に浸してふき取るときれいになる。
  • 卵の殻を乾燥させておいたものを首の長いガラス瓶ややかんに入れて振ると、奥の汚れまできれいに落ちる。
  • 携帯電話を水に落としてしまったのに、すぐにサービスセンターに行けないときは、米びつに入れてみよう。米が湿気を吸収して部品を保護してくれる。ただし、携帯電話を入れた米びつの米は食べられなくなるので、周りの米を取り除いてから使うと良い。
  • 脂っこい料理を入れた器やキッチン用品を洗うときは、飲み残しのワインを使うとよい。洗剤の代わりにスポンジに付けてこすればスッキリ落ちる。
  • 切り花を花瓶に入れるとき、水に砂糖をひとさじ入れて溶かすと、花が長持ちする。
  • 黒い服を洗濯して部分的に色あせてしまったら、気の抜けたビールを使うと良い。たらいにビールを入れ、服を浸してもんでから水ですすぐと色がよみがえる。 ホントかよ?
  • フライパンの油汚れがよく落ちないときは、フライパンでお湯を沸かして塩を入れ、しばらく沸騰させると良い。最後に水ですすぐときれいになる。
  • 靴のにおいが気になるときは、綿にアルコールを含ませて内側をていねいにふいた後、日に当てて乾かすと消臭効果がある。
  • 飲み残しのコーラを便器に入れ、1時間ほど置いてから水を流すと、コーラのクエン酸成分で汚れが落ちてきれいになる。ハッハッハ
  • • ガスレンジなどの台所器具に油汚れが付いてしまったときは、ふきんにホウレンソウのゆで汁を少し付けてふくときれいになる。ホウレンソウをゆでたときに出る糖の成分が油汚れを吸着するからだ。
  • 歯ブラシは使った後、きちんと乾かさないと細菌が繁殖してしまう。歯ブラシを2本用意して交互に使えば、乾燥させるための時間が長くなるので衛生的だ。
  • 食器洗いや風呂掃除をするときなどに、洗剤が多すぎると泡が大量に出てすすぐのが大変になる。そうしたときは塩を少し入れると、泡が抑えられる。
  • 靴の幅が狭くてきついときは、厚手の靴下を履いてから靴を履き、ドライヤーの熱を当てると良い。熱が冷めてから脱げば幅が広がる。
  • 揚げ物をするとき、油の泡がたくさん立ってしまうなら、ネギやパセリを入れると泡が少なくなる。
  • 洗濯物を煮洗いするときは、鍋の中央部分に洗濯物がない空間を作っておくと、湯があふれにくくなる。
  • ゴム手袋は古くて使えなくなっても捨てずに集めておこう。輪切りにすれば、丈夫な輪ゴムとしてリサイクルできる。クスッ
  • 残った豆腐はサッとゆでてから密閉容器に入れ、浄水器の水に浸けて保存すると長持ちする。
  • 洗濯をしても服からイヤなにおいが消えないときは、シャンプーを使うといい。使い終わったシャンプー容器に3分の1くらい水を入れてよく振り、においのする服に少し振りかけてから洗うとにおいがなくなる。
  • ジャガイモを段ボールに入れたまま常温で保存するときは、リンゴを1個入れておくと、芽が出るのをかなりの間防ぐことができる。リンゴから出るエチレンガスにはジャガイモの発芽を抑える効果があるからだ。
  • 長い間使っていなかったボールペンのインクが固まってしまったときは、ボールペンの芯(しん)をお湯に浸してから冷たい水に浸すことを数回繰り返すと、また使えるようになる。
  • ネギを長持ちさせるには、青い部分を洗って切ってから、水気を取って冷凍すると良い。先の部分が黄色くなってしまうのを防ぐことができる。
  • 木のまな板に付いたキムチのにおいや色を取りたいときは、粗塩を振り、レモンやミカンでこすって一晩置いた後、水ですすぎ天日干しすると良い。んじゃ、プラスティックのまな板買った方がよくね?
  • ガラスのコップがくすんでしまったら、コップに水と細かく切ったジャガイモの皮を一緒に入れて上部をふさぎ、激しく振るときれいになる。
  • 銀のアクセサリーが黄ばんでしまったら、レモン汁でふいてお湯ですすぐと、黄ばみがきれいに消える。
  • 銀食器の色が変わってしまったときは、きれいな布を水で湿らせた後、重曹を少し付けて磨くと、輝きがよみがえる。
  • 緑茶の葉をつけておいた水で果物や野菜を洗うと、付着した農薬成分を洗い流すことができる。
  • トイレットペーパーの芯(しん)を取っておいて、携帯電話の充電器やUSBなどの長いコードを2-3回折りたたんで入れておけば、引き出しの中がすっきりと整理できる。ウ~ム、、、
  • 服に鉄さびが付いてしまったときは、ジャガイモをむいてさびが付いた部分に20分間ほど当てておいてから歯ブラシで軽くこすり、水で洗うときれいに落ちる。
  • 調味料入れに塩やコショウなどを入れておくときは、米粒を一緒にいくつか入れると、湿気で固まることなく、長く使える。
  • 野菜がしおれてしまったときは、角砂糖2個と酢を少し混ぜた水に10分間ほど浸しておくとシャキッとする。
  • 牛乳の賞味期限が過ぎてしまったら、乾いた布に付けて木の家具をふくときに使うと、ツヤが出る。
  • メガネフレームの小さいネジ部分に透明なマニキュアを塗っておくと、フレームが緩みにくくなる。
  • ストッキングを洗濯するとき、水に酢を2・3滴入れるとにおいが消え、長く履くことができる。
  • 揚げ物をした鍋の油汚れがなかなか落ちないときは、小麦粉を米のとぎ汁くらいの白さになるよう水に溶いて鍋に入れ、2-3分沸騰させてから水洗いするとよい。
  • 新しく買った靴がきついときは、お湯でぬらしたタオルで靴の内側や外側をふくと、革が伸びて足にフィットするようになる。
  • 長い間使っていたアイロンのかけ面に布の焦げ付きやさびが付いてしまったら、歯磨き粉を付けた布や歯ブラシで磨けばきれいになる。
  • ぬれてしわくちゃになってしまった本は、それぞれのページの間にトイレットペーパーを挟んで重ねてからアイロンをかけるときれいになる。
  • パンを袋や箱に入れて保存するときは、ジャガイモを切って一緒に入れておくとパサパサにならず、しっとりした感じが長持ちする。
  • 服に溶けたロウソクが垂れてしまったときは、ロウの塊を取り除いてから、生地の内側と外側に紙を当ててアイロンをかけると、紙にロウが付いてきれいに取れる。
  • 豆腐ステーキを作るときは、豆腐をフライパンで焼く前に電子レンジで1分ほど加熱しておくと、豆腐の中の水分が蒸発して、油を敷いて焼いたときに跳ねにくくなる。フム、フム。
  • 塩が入った調味料入れの中につまようじを5-6本入れておくと、木が湿気を吸うので塩がしけるのを防げる。なるほど、、、
  • 夏のごみ箱からイヤなにおいがするときは、使い終わった緑茶のティーバッグやドリップコーヒーのかすを入れておくと良い。フ〜ン、、
  • 夏にあせもが出てしまったら、キュウリをしぼった汁を塗ると熱が引いてかゆみも軽減される。 ホントかよ
  • ワカメなど乾燥した海藻類はキッチンタオルに広げて電子レンジで20秒ほど加熱してから保存すると、味や香りが長持ちする。
  • 焼きノリを密閉容器に入れて保存するとき、容器の底にキッチンタオルを敷いておくと、しけるのを防ぐことができる。
  • 食事の後、口のニンニク臭が消えないときは、緑茶の葉を少しかんでからブラックコーヒーか牛乳を飲むと消臭効果がある。
  • おにぎりを作るとき、冷たい水でなくぬるま湯で手をぬらすと、ご飯が手にくっつかず握りやすくなる。
  • イカを揚げるときは皮を完全に取り除くと油が跳ねにくくなる。
  • 砂糖が固まってしまったときは、砂糖入れの中に食パンをちぎって入れ、日の光が当たるところに出しておくと崩れやすくなる。
  • サバの生臭さが気になるときは、コメのとぎ汁に15分くらい浸けてキッチンタオルで水気を取ってから調理するとよい。
  • グレープフルーツの皮を3センチ幅に切って酢が入ったコップに入れ、冷蔵庫の中に置いておけば、天然素材の消臭剤になる。
  • 緑茶の葉はタンパク質やビタミンなどが豊富だ。お茶を飲んだ後の茶殻は土と混ぜ、花や木の肥料として使うと、生育が良くなる。
  • スニーカーを洗った後、ビール瓶を差し込んでから日当たりのいい所に置くと、中まで早くよく乾く。
  • 魚の骨がのどに引っかかってしまったときは、生卵を割って飲むと取れることがある。もしかしたらね。
  • 洗面台の蛇口の水あかは、ペーパータオルに酢を付けて蛇口を包み、少し置いてから歯ブラシなどで磨くときれいに落ちる。
  • 夏場にはだしになる機会が多くて、かかとの辺りが黒ずんでしまったら、切ったレモンでこすると、レモンの酸の成分が黒ずみを取ってくれる
  • シンクの排水口に重曹1カップを入れてからお湯を注ぐと、殺菌できるのと同時に消臭効果がある。
  • 黒ずんでしまった白いスニーカーは、牛乳で十分ぬらしてから歯ブラシで丁寧にこすると、牛乳の乳脂肪分が汚れを浮かすのできれいになる。
  • ギョーザの皮をこねるとき、卵とゴマ油を少し混ぜると皮の伸びがよくなり、ギョーザをゆでたときに破れにくくなる。
    • 魔法瓶からにおいがするときは、お湯で中をきれいに洗ってから炭を細かく切ったものを一日ほど入れておくと、においがなくなる。
    • 乾いて固くなってしまったチーズは、牛乳に浸してから沸騰しない程度に温めると柔らかくなり、味も元通りになる。
    • 壁紙に油汚れが付いてしまったときは、乾いたふきんにビールを染み込ませ、力を入れすぎないようにふくと、かなりきれいになる。
    • キャベツやレタスといった葉物野菜を洗うときは、酢や重曹を少し入れた水で1枚ずつ洗うといい。
    • ガラス瓶やペットボトルの口が狭くて中が洗いにくいときは、洗剤と水、そして卵の殻を一緒に入れてよく振ってからすすぐときれいになる。
    • ケチャップやマヨネーズを使った後、容器のふたに付いたままにしておくと細菌が繁殖しやすいので、きれいに洗っておいた方がいい。
    • ブドウは洗わずに新聞紙で包んで冷蔵庫に入れておくと、傷みにくく鮮度が長く保てる。
    • 飲み残しのビールを瓶や缶に入ったまま冷蔵庫に入れておくと、消臭効果がある。
    • もやしをゆでるとき、ニンニクと塩を一緒に入れると、もやし特有の青臭さがなくなる。
    • 大根を長く保存するには、細かい根や葉を取って新聞紙に包み、冷暗所に置くとよい。
Posted in ためになる話.