会則

1. 名称

協会の名称はシルバー会、あるいは日本人高齢者会と呼ぶ。

2. 形態

シルバー会は非営利団体である。会は宗教および政治目的運動とは無関係である。

3. 趣旨と目標

  • 活動目的
    • 会員の増加と活動の促進を促す。
    • ひきこもりや出不精を無くすためにいろいろな催し物を工夫する。
    • スウェーデンにおける医療施設、介護施設および年金等の生活情報を公開する。
    • 公機関の申請ないしコンタクトに対する情報と説明の便宜を図る。
    • いろいろな講演、説明会を催す。
    • クラブ活動として料理、手芸、勉強会、健康管理、遠足、美術館訪問等、能動的活動を行う。
    • 文化、社会活動を行うことでスウェーデンと日本双方の友好と連帯感を深めスウェーデン社会への同化を計る。
  • 在所
    • 協会の在所はストックホルムである。

4. 会員権利

シルバー会は原則的にオープンとする。入会希望者は役員の了承のもとに会員となる。会員は活動の概要を知る権利があり、 議会に於いて参加、発言および提議権を有する。会員は会員総会、年次総会に於いて投票権を有する。

5. 総会

2週間前に総会についての事前連絡の義務がある。
順序としては、前年度の活動報告、会計報告、役員の責任解除および解散、その後に新役員と会計の選出そして会員費の決定と続く。

6. 役員会

役員会は暫時に起こる日常的な問題を即、解決する権利を有する。役員会の内訳は会長、書記、会計そして2~4名の常任役員から 構成される。役員会での決定効力は3名以上の役員が在席した折りに有効とする。役員会は会の第一責任者を選出する。

7. 活動期間

会の活動期間はその年次の最初から最後の日までとする。シルバー会の最初の年度は2006年は6月1日より始まり 2007年12月31日までとなっている。

8.除名に関して

会則や会の趣旨を明らかに破ったとされる会員に対しては役員会議に於いて除名することが出来る。除名された会員は会員総会に 於いて異議を申し立てることが出来き、決定投票が為される場合、一票を投ずることが出来る。

9.再投票

役員会での決定は多数決で行われる。そのとき同数の場合、会長の一票が重きを成し決定される。年次、会員総会の場合も多数決 で行われる。同数の場合、例外を除き、会長の一票が決定権を持つ。例外は人選であり、その時はクジ引きによって決める。

10.会則の変更について

会則の変更を求めるときは役員会に於いて2/3以上の多数を要する。

11.解散について

シルバー会を解散するときは続けて2回の総会で2/3以上の賛成を得なければならない。2回のひとつには年次総会が含まれ なければならない。最後の総会の時には会の備蓄用品の分配等を決定する。